スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今の自分に何が出来るのか

久しぶりだ〜

ただ、長くなるからココに書いたのだけど。

8月12日 河川敷は風も少なく暑い。
ヤギずが何かにハンティングポーズをとるので
やめさせた。
ヘビ位に思って近寄ったらネコだった。

コートの長めな…小柄なネコがヤギずの好奇心に対してめっちゃ威嚇してた。
でも、下半身動いてなくて。ハエたかってた。

車に跳ねられたのかな。
しっぽの付け根付近の肉がなかった。

助けられなかった。
いや、助けなかった。
近寄ったらめっちゃ威嚇してくるのを理由に
手を出さなかった。
死ぬのは目に見えていた!
と、勝手に決めつけ助けなかった。
1時間半程様子をうかがっっていったん帰宅。

管轄の市に電話したら
『死んでないなら引き取れない』と言われ
生きている子を回収する所を紹介された。

待ち合わせしてネコのいた場所へ案内。
してくれと言われたから行った。
ネコ、死んでた。

『うちは死んだのは引き取れないんですわ』
と言われた時
泣きわめいてしまった。

助けもせず、死ぬと決め付けた私のとった対応の罪悪感がせめてきた。
『私、見殺しにしました』

安易な選択をしました。

結局、そのネコは河川敷の管理会社の方が埋めてくれました。
埋葬には程遠いけどゴミ扱いはされずに済んだのかな。

『ネコが死んで、こんなになく人今はなかなかいないですよ』
と言われたけど。

私は何もしなかった。

スポンサーサイト

Comment

No title

ボクも同じ・・・

いや、もっと酷くて多分
連絡さえ取らなかったんじゃないかと思います。

どうにかしたいという気持ちで連絡されてすごいと思います。

自責の念に駆られるのは
動かない僕らの方が重くてしかるべきなのに、
実際に何とかしようと動かれた

かりんさんの方が大きく傷ついてしまうなんて不条理だと思われるかもしれませんが、

心が傷ついた分磨かれたと思ってその思いを大事に受け止めてるだけで良いと思います。

2013.08.15 (Thu) | バウルー #t50BOgd. | URL | Edit

No title

死ぬとわかっていても抵抗しようとする野生に敬意を表します  

2013.08.17 (Sat) | リオンカノンパパ #- | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。